星 占 い ホ ラ リ ー 西 洋 占 星 術

何故7つの惑星が基本なのか

占星学の背景にある本質 項目トップ 伝統的占星学


■ コンテンツ
■ 西洋占星術スクール
◆『星の階梯 I
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
◆『百文字占断
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
◆ 用語解説
■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 西洋占星術の発祥。惑星は、なぜ7つなのか 

● 惑星とエレメント
 12サインができる以前から12星座は空にあって、人々は様々な形で星の位置や月の位置を利用していました。季節の変化、方位の取り決め、はては占いまで行っていました。

 それが、西洋占星術という形を整えるに至ったのは地中海を取り囲む文化圏でした。

 ■ 7つの惑星と カルディアン・オーダー

 7つの惑星の原理です。一週間が七曜日であるように、時間は7つの惑星によって支配されています。つまり、惑星は時間を受け持つことができるので、西洋占星術上、惑星と名前が付けられていることを示します。太陽は恒星、月は地球の衛星ですが、西洋占星術上は、時間を受け持っているので惑星という名前が与えられているのです。天文学的な惑星でも、時間を受け持っていない惑星は、西洋占星術上の惑星ではありません。天文学上の「惑星」という名前に騙されないでください。

 そして、7つの惑星はカルディアン・オーダーという並び順で並べられていて、それは遅い順に、土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月です。平均速度は、太陽と金星と水星は同じですが、逆行時のスピードも考慮すると、水星が早いということが分かります。視認できる実速度で並べられているのです。

 ここには多少、論理の飛躍があります。それは、太陽も月も地球の回りを回っているPlanets(惑星)として昔から考慮されてきたということです。月が地球の衛星であるという概念はありませんでした。しかしながら、太陽も月も天球を持ち、時間を1/7ずつを支配しているというのも事実ですし、紛れもなく西洋占星術の基礎です。又、見えるから、並ばせることができるという点でもトランスサタニアンと呼ばれる天文学の「惑星」とは異質の存在なのです。
 

 ● 占星術と12サイン

 ジェフリー・コーネリアスの記すところ、天空の予兆や動きを書きとめることは紀元前1000年頃に始まり、その書き留めるという行為によって、人々の天文に関する知識はおおいに増えていったとあります。そして、太陽の軌道を12のシーズンに分けて、12のサインが出来上がったのは、ほぼ紀元前5世紀の新バビロニアでのことです。(The moment of Astrology )

● エレメントの発祥
当初は、占星術の為に発祥したわけではありません。
※ タレス(BC624〜BC546) 哲学 としてギリシャに残っています。
※ ピュタゴラス(BC570〜BC490) 数学者で、宗教家。
※ エンペドクロス(BC492〜BC432)という人がそれまで3つであったエレメントを、4つにしました。
ここから先はギリシャ哲学と名を変えます。
※ ソクラテス(BC470〜BC399)
※ ヒッポクラテス(BC460〜BC377) 4つのエレメントを使って医学の書を著わす
※ プラトン(BC427〜BC347)
※ アリストテレス(BC382〜BC322)
ソクラテス、プラトン、アリストテレスと続くギリシャの哲学は、四つの元素(エレメント)という考え方を練り上げてきました。5つ目の元素もあり、天上界にあって、それはエーテルからなるとしました。
  [ エーテルは精霊と訳されたりします。東洋で言う「気」に近い概念です]

 特にアリストテレスは『自然学』という本を著していて、5つ目の元素(エーテル)にも言及しています。また、元素を4つにしたのはエンペドクロスだと、その中に記しています。その中で彼は、大地が球体であることを説明しています。この考え方は、マニリウスにも踏襲されていきます。
理由は、
 @ 緯度が異なるところでは星の高度が変わること。
 A 地平線に決して沈まない星があること、
 B 月食は地球の影であり、黄道のどの位置でも起きること、
 C 月の満ち欠けは月が球体である為に起こり、月が球であるなら、地球も球であること、など
いくつもの証拠から大地が球体であることを説明し「地 - 球」 という概念を作りあげたのです。

 ● 西洋占星術の胎動

 アリストテレスは、自らの著作の中で既に占星術に付いて語っていますから、西洋占星術が一応の形を整えたのは、12のサインが出来上がった紀元前5世紀のバビロニアから数10年を経て、ギリシャ哲学のエレメントが4つとなったエンペドクロス以降、この考え方が加わったBC450〜BC350頃だろうと考えられます。

四元の図

アリストテレスの四元(しげん)の図
基の図には内側の四角形はありません

 5つ目のエレメント エーテル
 宇宙に満ちるエーテルというエレメントはとても精妙で、それは、神々の治める天上界、サインの天宮から放たれます。エーテルは天空の主役である7つの惑星を通して、地上に広がるあらゆる物質・非物質に常時その影響を及ぼしています。エーテルは惑星を通してやってくる時に、4つのエレメントを通して地上に影響を及ぼすという事になります。したがって西洋占星術では、まずサインと惑星を4つのエレメントに分けることからスタートします。

 ■ エレメントに分けられた惑星

● 天空の主役
 惑星こそ占星術の主役です。エレメントを持つ惑星は、下記の8つが基本で、地球を除くと7つです。
太陽と火星 (ホット  & ドライ)
土星と水星 (コールド & ドライ)
木星と地球 (ホット  & モイスト)
金星 と 月 (コールド & モイスト)

 エーテルを通す惑星、通さない惑星
 このことから、明確なエレメントを持たない惑星はエーテルという5番目のエレメントを地球にまで持ってはいても、考慮できないことになります。明確さに欠けるという事は、考慮の外に置いても構いません。エレメントを持ちませんから、エレメントを配されたサインを受け持つことができません。

(この部分の考察は、足りないと思います)
 考察が足りない点は、エーテルって何? そんなの占星術に関係あるの? です。エーテルを見たことも無いし、現代の物理学に出てこない概念ですし、証明のしようが無い部分です。他のページでの説明にあるように、対応関係にある占星術では、神の領域から何かがやって来ていると考えるしかないものです。神が嫌なら、大宇宙の中に潜む生命への何かです。この宇宙を全一統体としている、何かです。

● 恒星に意味があるように、その他の惑星も、
 この世を形作るエレメントを通した作用を持ちませんが、意味は持っています。

NEXT

2010年 1月13日 

占星術が抱える本質 星占い ホラリー西洋占星術 項目トップ


ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.