西 洋 占 星 術 講 座 の 特 徴

Astrology School

星占いのページへ


◆ T O P ページ
■ 原理 の考察
◆『愛のホラリー占星術
■ 電話占い 電話鑑定
■ 電話占い お申込み
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
■ 西洋占星術スクール
◆ 当店の鑑定方法
■ 占 『百文字占断』
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
■ Ephemeris
◆ 用語解説
■ P r o f i l e
■ リ ン ク
◆ 星占いテクニック Blog
■ 星占い 日常のブログ
■ 本のリンクAmazon
◆ メールマガジン


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ◆ 占星術スクールのお申込み、講座料金のお支払い等

 ■ 西洋占星術 講座 ◆ 他のスクールとの違い

  • 西洋占星術の主要な要素は、サイン - 惑星 - ハウスです。
    これらを、歴史に基づいて理解していきます。
  • 西洋占星術の判断の要は、アスペクト - ディグニティー - リセプションです。
    アスペクトには、オーブの理解が必要です。一般に、これは無視されます。
    ディグニティーには、エッセンシャルとアクシデンタルがあります。キチンと区別して伝えています。
    リセプションは、他の教室では学べません。
    リセプションを知らなければ、アスペクトとディグニティーしか使わない判断しかできません。サイン・惑星・ハウスを加えて、34コマ(1コマ、約50分)をかけます。
    理解の深さが違ってきます。
  • 恒星を使います。惑星が為しえない大きな力を与えるので、惑星で判断したことを、覆すことがよくあります。
  • 判断の例題。コレクションや、トランスファー・オブ・ライトと呼ばれる、惑星の動きに基づく、古代の占星家も使っていた技術をマスターできる例題に溢れています。

    上記の事柄を、しっかりと伝え、幾つものチャートで実践的に占えるまで鍛えます。

天空の予兆や動きを書きとめることはB.C1000年頃に始まり、その書き留めるという行為によって、人々の天文に関する知識はおおいに増えていったとジェフリー・コーネリアスは自著(The Moment of Astrology)の中で記しています。

西洋占星術が生まれたのは、太陽の軌道を12のシーズンに分けて12のサインが出来上がって以降のことです。それは、B.C500年頃の新バビロニアでのことでした。サインは、ギリシャ哲学で考え出された4つのエレメントと結び付き融合し、西洋占星術はエジプト辺りで生まれたと考えられます。その後、西洋占星術は、ペルシャへ、そして、ペルシャからアラブへと伝えられ、アラブからヨーロッパへと渡ったのは、12世紀のことです。ペルシャや、アラブでは、大いに開花し有名な占星術師が排出し、王様に雇われた有名な占星術師も何名も出ています。

当スクールの占星術は、A.D800年頃の、アラビアで行われていた占星術をベースにしています。
それ以前からも西洋占星術は、述べたとおりにあったのですが、既に大半の文献が失われ体系化し直せるほどの資料がありません。それで、体系化された最も古い文献であるアラビアの占星術を基礎としているというわけです。

 ◆ 占星術スクールのお申込み、講座料金のお支払い等

お申込みのページ

西洋占星術スクール TOP

当スクールの講座内容の特徴

講座の内容とスタンスについて

講座の概略について

講座の詳細

次のページから支払いが行えます。


占星術師の意味ともなっているカルディア王国(Chaldean)は、今のイラク -- バグダッドの北当たりで、日本では新バビロニア帝国と呼んでいます。メソポタミア文明の中心部にあたります。そこへアリストテレスの薫陶を受けたアレキサンダー大王が遠征してきます。遠征とはいうものの、支配権を及ぼすわけです。ギリシャ文明の影響が占星術にも入り込み、又、他の文化もギリシャに流れ込みます。ギリシャ神話にもバビロニアの物語が混ざっていきました。アレキサンダー大王はエジプトにも都を作ったので、そこでも文化の交流が行われました。

後のアラブの王たちは、アリストテレス⇔アレキサンダー大王の影響を色濃く受けている王たちですから、文化や哲学をとても大事にしました(例外ももちろんあります)。それらの文化は融合し、その後、新しい科学や哲学や数学が発達していくことになります。インドから伝えられた零「0」の概念は、アラブの数学を一流のものに仕立てあげて行きました。実際に、アラブではコペルニクスが太陽中心説を唱えるより150年も前に、太陽が太陽系の中心である事を知っていました。

カルディア人達は12のサインと、もう一つ、カルディアン・オーダーというものを考え出しました。 カルディアン・オーダーとは、惑星の並び順である、土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月の順番のことです。この並び順こそが、惑星の定義となるものであり、カレンダーの各曜日を作っています。

占星術は、神話とも深く関係があります。ギリシャでクロノスと呼ばれた土星は、サトゥルヌスというローマの名前でも知られています。クロノスというのは、時の語源となり、クロノメーターというのは正確な時を刻む時計のことです。

当スクールでは、そのような古い体系を基に西洋占星術をお伝えしています。どこかに支点を置いておかないとぶれるので、中世アラビアの占星術に基礎を置いているわけです。

古代の考え方には、日本の神道を彷彿とさせるところもあって、とても興味深い面もあります。
ぜひ、学びに来てください。

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いの家
占いハウス
電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります
占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.