星占い ホラリー占星術

西 洋 占 星 術 の 古 典 的 な テ ク ニ ッ ク

占星学の天球 ⇔ 天文学的な天球  項目トップ 古典的占星学


■ コンテンツ
■ 西洋占星術スクール
◆『星の階梯 I
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
◆『百文字占断
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
◆ 用語解説
■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 星占い(占星学)には基礎があります。

サインの意味合いは、占星学の背景を構成する要素と、判断に用いる要素の二つがあります。
(背景とは、ここではバックグランウンド(哲学)を指しません。背景となる絵柄の意味です)

◆ サインの意味合いは、占星学の背景を構成する要素が一つ、

● そして、占断に役立つグループ分けされた意味合いが一つ、

大別して二つがあります。

◆ 占星学を成り立たせている宇宙構造は、占星学的な同心円構造の上に黄道帯十二サインが割り当てられたもので、この十二サインを理解する第一義は、占星術的な宇宙構造を理解することに他なりません。宇宙構造そのものは占星術を成り立たせている土俵になっているだけで、この構造そのものを占星術の判断に用いることはほとんどありません。

サインは基準点の連続したものと言ってよく、舞台装置です。何物でも、場所を特定することが必要で、背景を背景としての役割に使う、まさにそれは舞台装置の場所としての意味合いを用いるときです。 山がある、河が流れている。森がある、といったような事柄です。一方、惑星は何かを演じている役者で、山のふもとに来たからすがすがしい、河の見えるところに来たら喉を潤したくなった、そうではあっても、役者の役柄が場所々々で完全に変ってしまうことはない。そのような仕組みです。

サインという舞台装置は、そのような役割を果たします。舞台装置を背景として占断に使う特殊な場合は、役者がどこに居るかを調べる時です。舞台装置の背景は人間の姿や、船の姿として画かれることもあります。

黄道帯十二サインは、春分点を基点として天球を十二に区分したもので、それぞれのサインには幾つかのお話が伝わっています。けれでも、そのお話全ては占星術の占断に役立つ法則で成り立っているわけではなく、サインの手前に存在する、星座の物語と考えても差し支えありません。

この頃はあまり用いられなくなりましたが、星座を印象付けるために語られたお話しが数多くあります。その意味合いはサインの話とは違っています。舞台装置となる背景を占断に持ち込むことは、占星術を増長にしてしまう危険な要素をはらんでいます。舞台装置である星座の絵柄に属する事柄は、ホラリーの判断に関係付けることは、ほとんどの場合ありませんし、不必要です。


 ■ 西洋占星学の基礎になる天球と十二サイン

黄道帯十二サイン

星座サイン

地平線

● 占断に役立つ、グループ化されたサイン。 カーディナル、フィクスト、ミュータブルといった区分けが最もよく使われます。又、水のサインである、火のサインである、風のサインであるといったグループ分けも比較的よく使います。

その他、肥沃である、不毛である、よくしゃべる、静かである、動物的である、ヒューマン・サインである等が次に来ます。サインごとに備わっている個別の意味は滅多に使いません。

 2013年12月10日(火曜日)

サインとカルディアン・オーダーの続き



カルディアン・オーダー 星占い ホラリー西洋占星術 項目トップ


この読み物のトップ

マイナス5度ルール

歴史観を持って学ぶ必要のある理由

ホラリー占星術とは何か

唯識論と西洋占星術

リンク ホームページへ戻る

------------------------------------------------

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いハウス
占いハウス
電話占い
メール鑑定
占い館
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.