西 洋 占 星 術

百 文 字 占 断 鑑 定 例

星占いのページへ


■ コンテンツ
■ 西洋占星術スクール
◆『星の階梯 I
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
◆『百文字占断
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
◆ 用語解説
■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 百 文 字 占 断  鑑 定 例

ここに登場する判断の事例は「百文字占断」と銘打ち、多くの勇気ある方々から公開を前提としてご依頼を頂いた鑑定例の数々です。できる限り個人を特定できないように心がけていますが、これはよく知っているあの人ではないかと憶測できるような質問は可能な限り排除してあります。
どこにでも起きそうな、何処にでもあるような質問ばかりです。個人の特殊性は、万人の普遍性だからです。reidai 最新の鑑定例題

 ◆ 参考例 TOP Index

恋愛に関わる質問  仕事にまつわる質問  私はパーティに行くの? 恋愛の質問 海外旅行

 

 ■ 占い以前の、天からの垂示

ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(1886年 − 1962年)という人は、ほとんどの事故にはそれ以前に危険を知らせる兆候が出ていると言い、それを法則化しました。ヒヤリとしたり、ハッとするのは気付きです。彼は、1:29:300 の法則という有名な法則別名、ヒヤリハットの法則を残しています。

垂示思想では、アクシデントが起きる前に幾つかの小さなアクシデントが起きていて、それを見逃すから大きなアクシデントが来るのだよと説きます。

これらの注意に気付かないと、あるいは気付いていても従わないと、本格的な事故や病気がやって来るというわけです。良い兆候も、同じく垂示されます。

これらは占いではなく、世の中には法則が流れているよ、という真実を表す観察です。

 ◆ 垂示に従って、質問をしてみた 

車に乗っていて1日に2回も、子供の乗った自転車が、目の前を急に横切りました。ヒヤリどころか、ハッとどころか、冷静に運転していてもこうです。ゆっくり走っていたので、事なきをえましたが、何かを気付かされているのかまでは分かっていません。そうか、占いをするのか・・・

そこで頭をよぎったのは、事故の前触れではないのか・・・ ということです。

 ◆ 2013年10月13日 7:01pm 135.57E, 34.60N ASC 24.46 Taurus

垂示思想

質問そのものが難しいものです。直ぐに判断が付かないかもしれません。

私自身を表すのは、アセンダント、そしてそのロードの金星、おそらく月も私の共同表示星です。この金星がボイドであり、太陽にもアスペクトせず、アングルにもアスペクトしていません。月の方が適切な表示体としてカレントを示すことになります(これに気付いたのは12月23日)。どちらも火星か土星がロードとなる危険なサインに入っています。アセンダントは、アルゴルにも近い。

アングルは全てフィクスト・サインであるから、しばらくの間は車の運転に注意を促されているものと思われます。土星とは2度離れているので、一応2カ月としました。

このチャートでは、10ハウスや7ハウスが危険を表示すサインとなっています。土星も月もそこに入っています。(実際のチャートではそう見えないだけで、確かに土星は10ハウスに入っています)。

月が、ディスポジターの土星とアスペクトしようとしていて、リセプションをしています。土星の意味が分かれば、これらの表示が一気に解けそうです。

 この月は金星(私自身)から離れて動いている。
 示唆は10ハウスの土星なのか
 それとも、10ハウスに関連しているのか? 
 P.o.F
が見事に10ハウスに乗っている。
 ということで、天からの示唆を10ハウスの土星としました。
 9ハウスのロードも土星なので、どのみち垂示(9ハウス)も土星(遠大な智慧)となります。

これには思い当たることがあって、リセプションをしているので恐らくそうなると予想させられることがあります。ちょっと危険が伴うのかなと。慎重に事を進めよということなのでしょう。

あとは・・・ 子供が(目の前を通った)。。。 ということから、自分の子供が危険な状態にあるのかもしれません。

そう思って5ハウス(子供の部屋)のロード(水星)を観察してみました。子供(水星)と木星(8ハウスのロードであり、水星がレシーブ中[このチャートでは死を表す])はアスペクトしそうですが、水星は途中で逆行をします。ということは、子供に危険が及ぶという印ではなく、最悪の状態は避けられそうです。

月は、金星(私)と土星(天啓・垂示)を結び付けています。危険な状態に気付けよと・・・ 

思い当たる程度で、その本当の内容が分かればいいのだが、まだ気付けていません。

ページのTOPへ

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.