ファウンディングは予定額が集まり、終了しました
星の階梯 II』出版予定

“ 英文の本を、何冊も読むより 早く!   

西洋占星術の法則を、あなたのものに

『星の階梯 II』

発刊準備中、執筆中です。Amazon での販売とともに書店にも並びます

————————————————

発刊予定は、2020年8月頃

    

 

 『星の階梯 I』は、Amazon のオン・デマンド部門で、一時期(3週間だけ)ですが、冊数でトップの売り上げを達成しました。また、Amazonで取り扱う全書籍の中で、2日間だけ10位以内に入りました。

 

伝統的な占星術を日本に定着させるために、西洋占星術の法則を幅広く深掘りして書いた本の発刊です。既に刊行している『星の階梯 I』は、「サイン・惑星・ハウス」のことを書きました。『星の階梯 II』は、「アスペクト・ディグニティー・リセプション」について書いています。

 

————————————————

 星の階梯 II』の主な内容(下記に細目あり)

判断のための重要な要素である、アスペクト・ディグニティー・リセプションの説明です。冒頭には、簡潔に分かり易くと書いていますが内容自体はハードです。しかし、英文の本を噛み砕きながら読むよりも、翻訳本を右往左往して読むよりも、何倍も楽に理解できるはずです。

 

内容は、西洋占星術の法則の説明のため、また、その法則がどのように導き出されたかもお伝えするため、ホラリー占星術をメインに説明しています。副次的な効果で、西洋占星術の法則の多くがホラリー占星術で確かめられてきたのを理解する一助にもなるでしょう。

 

ホラリー占星術なら、朝に建てたチャートの理由が夕方には確認できるかもしれません。術者がどういった占星術の法則を使えばよいのかを考えるのであれば、結果が早く出るものの方がよく、遅くとも数か月以内、せめて数年以内に結果の出るほう、テーマを選ぶほうが確かめやすいのです。

 

「そんなに深い法則があるのか?」   では、
「西洋占星術の法則を知らずに、チャートを読めるのでしょうか?」

 

目次とその細目です。例題も多く載せました

————————————————

星 の 階 梯 II

プロローグ

古典的な占星術の足音

序 文

用語解説の利用

『星の階梯 I』、『星の階梯 II』
アスペクト、惑星の動きの考慮、オーブ
ディグニティー
エッセンシャル・ディグニティー
アクシデンタル・ディグニティー
リセプション
本書のコア、判断の手順

 

第一部

第一章 アスペクト(Aspect)

アスペクトとコンジャンクションの、簡単な概念
アスペクトの、歴史的な変遷
サイン同士のアスペクト、惑星同士のアスペクト
惑星同士による、アスペクトの完成 1
惑星同士による、アスペクトの完成 2
アスペクトのバリエーション
同じ位置の惑星が、4つのバリエーションを見せる2つのチャート

 

第二章 オーブ(Orb)

オーブの成立、歴史的な推移と度数
どのように、オーブの幅が確かめられてきたのか(推論)
オーブが、影響を及ぼす範囲
オーブに係わる雑多な事がら
サインを越えるアスペクトや、コンジャンクション
チャートの考慮の限界と、オーブ
アプローチする側のオーブと、アプローチされる側のオーブ
ディソシエイト・アプリケーションの例 1
ディソシエイト・アプリケーションの例 2
逆行している惑星のオーブ、オーブに関わる例題、3度の影響
参考となる女性からの恋愛の質問
考慮の限界(逆行と、コンタクト)
逆行し始めた惑星が、コンタクトを取る場合
サインを越えてから逆行し、それから接合を完成させる場合
オーブの検証

 

第三章 アスペクトの詳細

更なるアスペクトの考察、アスペクトの種類と呼び名
● オポジション(☍)
● トライン(△)
● クォータイル(☐)

● セクスタイル( 
単語[アスペクト]の意味、アスペクトの完成によって意味されるもの
1. 光を手渡す
2. 性質を手渡す
3. 力を手渡す(力を持たないと手渡せない)
4. 意向をゆだねる(委任する)
5. 物事を成し遂げる(マネジメント(執り行う) )
6. タイミングを表す(執り行われる時期)
7. 光を持ち運ぶ
アスペクトで行われることの実際
テクスト上の、アスペクトの解説
シニスター(sinister、左)と、デキスター(dexter、右)

判断の要諦

アスペクトに準じるもの
トランスファー・オブ・ライト(略してTL)
似ていて、否なるトランスファー
トランスファー・オブ・ライトに対する疑問
ディソシエイト・アプリケーションによる、TL
月と、土星のコンタクト
コレクション・オブ・ライト(略してCL)
コレクション・オブ・ライトの例 1
コレクション・オブ・ライトの例 2
トランスファーでは無い例、アスペクトを妨げるもの
コレクションではない例
● コンジャンクション
アスペクトとコンジャンクションの違い
ブロッキング(blocking 遮断・じゃま)
アスペクトの無効化(nullification)
アスペクトを無効化しているコンジャンクションの例
リボーキング(revoking 無効にする・撤回)
リターニング(returning 元に戻す)
オブストラクション(obstruction 遮断をする形の妨害)
コンジャンクションによる、物事の判断
妨害にならない、アスペクト

 

第二部

第四章 エッセンシャル・ディグニティー

惑星の評価、エッセンシャル・ディグニティー
エッセンシャル・ディグニティーとは、何か
ディグニティーとデビリティーの評価
サインのディグニティー
イグザルテーションのディグニティー
トリプリシティーのディグニティー
タームのディグニティー
フェイスのディグニティー
デトリメントとフォール、ペレグリン
レッサー・ディグニティーを持つ惑星が有用なとき
ディグニティー、デビリティーの解釈
複合したディグニティー

 

第五章 アクシデンタル・ディグニティー

アクシデンタル・ディグニティー
アクシデンタルな、ハウス位置
アングルからのケーダント
アセンダントからのケーダント
何らかの同等性
オリエンタル、オキシデンタル
逆行と留、惑星のスピード
恒星とのコンジャンクション
エンクロージャー[Enclosure、ビシージメント(包囲)]
光による、エンクロージャー、緊密なアスペクト
ドラゴン・ヘッド、テイルとのコンジャンクション
太陽と、他の惑星の関係
コンバスト(Combust 焼かれること)
カジミ(Cazimi、Heart of the Sun ハート・オブ・ザ・サン)
太陽とのアスペクト
太陽のジョイとなる場所
太陽のフェーズによる観察
月について
月が光を増している、光を減じている
バイア・コンバスタ(via- combusta、burnt path 焼けた道)
月は、チャートの中で複数のものを指し示す
月の例外事項、恒星
何でも読み取りたい: それは必要ではない
アクシデンタル・ディグニティーの表すもの
占星術は、物事の事実を映し出す

 

第三部

第六章 リセプション(Reception)

リセプションとレシーブ
ディスポジションと、ディスポジター
ディスポジターの役割、リセプションの生起
リセプションが生じないとき
例、P.o.M(Part of Marriage)となった惑星によるレシーブ
P.o.Mの計算方法で得られるもの
ネイタルでの、リセプションの記述

 

第七章 アスペクト+α

アスペクトと、ディグニティー
アスペクトと、リセプション
アスペクト+αの数々
アスペクト その1
アスペクト その2
アスペクトとディグニティー その1
アスペクトとディグニティー その2
アスペクトとディグニティー その3
アスペクトとリセプション その1
アスペクトとリセプション その2
彼との関係
リセプションを加えて観察する
リセプションの理解

 

第四部

第八章 惑星の査定と、様々な観察

惑星の査定、チャートの、昼と夜
昼の惑星、夜の惑星(セクト)
男性格 ⇔ 女性格
惑星の置かれているサイン
惑星の置かれているハウス
惑星の「良い」 ⇔ 「悪い」
「強い」⇔「弱い」
チャートの整合性、惑星が自由であるとは
順行の惑星、留となる惑星、逆行している惑星
マレフィックな惑星(凶星)との係わりについて
ベネフィックな惑星について
オポジション・アスペクトへの注意書き
ビシージメントの観察
ケーダントにある惑星と接合していないか
上昇と下降
そのものを最も露わにする複合的な表示
エッセンシャル・ディグニティーの解釈
アスペクトの意義
ペレグリンの惑星

 

第九章 物事の完成

物事の完成の表示
惑星同士のコンタクトによるもの
トランスファー・オブ・ライト
コレクション・オブ・ライト
当該のハウスに入っていることによる
ベネフィックな惑星による物事の完成
物事を差し止められる表示
月のボイドによるもの、リボ―キング、バーリング
凶星とのアスペクト
蝕が起きた近くの場所による、物事の損壊

 

第十章 タイミング

象徴的な時間の、物差し(占星術的な、タイム・スパン)
時間の基本的な物差し、時期の示され方
時間の考慮に加味するべき条件
接合のタイミングの観察
タイミングの考慮の例
タイミングの考慮の例題

 

第五部

第十一章 ディスポジターの表

ディスポジターの表
1.時間(日時)と、場所(緯度経度)
2.曜日と、アワー・ルーラーの確認
3.位置
4.ディスポジター(レシーブをする惑星)
主たる表示星を選び出す
惑星の相互関係、アスペクトなど
“ディスポジターの表”作成のまとめ
ディスポジターの表、作成の実際
ディスポジターの表の完成

 

用語解説

エピローグ

日本に伝わってきた、オーブの概念
現代と、西洋占星術、これからの日本の西洋占星術

————————————————

期待していてください。内容は、変わります。

 

通信販売法による表示 プライバシーポリシー