星占い ホラリー占星術

西 洋 占 星 術 の 発 祥 と エ レ メ ン ト

占星学の背景にある本質 項目トップ 伝統的占星学


■ コンテンツ
◆ 占星術の考え方
■ 西洋占星術スクール
 出版している本
◆『愛のホラリー占星術
◆『星の階梯 I?』
◆『星の階梯 II?』
 PDFダウンロード
◆ 用語解説

■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ◆ エレメントを持つ惑星 ⇔ 持たない惑星

◆  エレメントを持たない星々も考慮の対象(?)
考慮の対象は、惑星のエレメント、そして、サインのエレメントです。

● 多くの西洋占星術師が楽しみを得るために、7つの惑星以外を使っています。
それでは、エレメントを使えません。また一部では、語る人によってエレメントが違います。どのような哲学に裏打ちされているのでしょうか? (海王星は、コールド&モイスト?)

  私は現在、医療占星術(健康の為の占星術)の講義を繰り返しています。そこで使う技法は、4つのエレメントに深く根ざしています。惑星のエレメントとサインのエレメントを考慮することで健康を判断する占星術が為されます。

● 健康を判断する占星術では、エレメントを持たない惑星を考慮の中に入れません。
多くの惑星を使うモダンな占星術師たちも、一旦健康の占星術に戻ると、七つの基本的な惑星を使う作法に戻ってしまいます。健康の占星術の示す重要な事柄は、内容そのものよりも、西洋占星術のもっとも基本的なことに目が向けることに外なりません。

● 西洋占星術の歴史から この当然とも思える回帰は、西洋占星術が7つの惑星の並び方、いわゆるカレンダーの曜日の基となっているカルディアン・オーダーと、エンペドクロスが整えたギリシャ哲学の中の4つのエレメントという考え方が組み合わさってできています。 西洋占星術と、太陽星座占いは、厳密に言うと違うものです。 教育、結婚生活、ファイナンスの問題、仕事、政治、日々の生活等々、多くの占星術のジャンルを7つの惑星以外を使って占っていても、何故か、医療や健康の占星術に戻ってくると4つのエレメントを分析する必要からか、7つの惑星に戻っていきます。 伝統的な占星術に固執する占星術師も、7つの惑星以外を使っています。それでも、その多くは視認できる光を放つ恒星を使う上でのものです。

● 西洋占星術以外の「星占い」 それも、成り立ちます。
インドの占星術だってあります。十三星座占いというものも、ありました。 エレメントを使わない新たな星占いの体系は、これまでも常に生まれてきました。 これからも生まれてくるでしょう。 それぞれが、息の長いものになるかどうかは、別の話です。

2010年 5月17日


惑星のエレメント 惑星の光 7つの基本的な惑星 学ぶ姿勢
星占いの世界 占星術の本質1 占星術の本質2 精神性 宗教性 自然科学と占星術

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.