星占い ネイタル西洋占星術

 ネイタルの判断

伝統的占星術 百文字占断 大鏡の扉へ Portal


■ 最近の研究で・・・

 私は、長い間の研究不足で、ウィリアム・リリーの体質計算こそが、ネイタル占星術の入り口だと考えていましたが、どうもそれは違う、それはリリーの思い込みに過ぎないという、結論に達した。

 私を信じて追随されていらっしゃる方々には、多大なご迷惑をかけてしまった。お詫び申し上げたい。私たちは、幾つかのネイタルのテクストを読めるわけなのだが、その中のシドンのドロセウスが著した Carmen Astrologicum と マシャ・ア・ラーがそれを基に著した Book of Aristotel が、参照すべきテクストであると分かってきた。まだまだ、研究が進んでいない。分からない不明なテクニックも多く、一朝一夕には理解ができない。

 したがって、しばらく、ネイタルのHPを書くのを中断する。

■ 気質、体質

 もともと、人の仕草、振舞い方、字の書き方や癖、茶碗の持ち方などは、親と離れていてもそっくりとなっていく。ある一つの動作が、「あれっ、これってお母さんの(お父さんの)仕草とそっくり!」と驚くことが30代、40代に入ると必ず一つや二つある。離婚した夫に、息子が似てくる。これは、もう片親になっても見つかる。これは連綿と受け継がれてきた縦の系譜、遺伝的にもたらされるもの、体質である。どうしようもない。

 伝統的な占星術ではこれを体質として、とにかくベースに置くべき物として観察する。このベースの上に、その人の感じ方や考え方が乗っていると考えていい。自分を知りたかったら、親を見よ、である。西洋占星術では体質と気質はほぼ同義に捉えていて、ComplexionTemperament という言葉で表している。現代語と少し意味は違っていて、顔色という意味は少なく、体全体の様相・気質という意味を持っている。

■ 特質・マナー

 人の、他の人に対する、あるいは置かれている状況に対する感じ方や考え方は、生まれ出た環境や親の生活態度で随分違ってくるものである。また、その人自身の受けた教育と自分自身の読んだ本や接する人によって、あるいはもともと持って生まれ出た潜在的な意識によっても様々に変化する。そして、接する相手によっても変わっていき、年代を経るごとにも本人の意識する方向や、気付きによっても変化するものである。

 こちらの方は、Manners (特質・マナーと呼ばれる)。下の図のように解釈してきた。

気質ピラミッド

 このように変化していくものを古代の占星術はどのように観察してきたのであろうか?

  リリーのC.Aによると、月のプログレスによる、タームやアスペクトの変化を頼って見出そうとしている。

 古代のプライマリー・ディレクションの技術では、アセンダントを通過するタームの惑星で解釈している。

 一方、親には無かったものが、どうしようもない個性として発現することもある。これも、仕草や考え方の傾向として出る。また、性格など、相対する人により、あるいは年代によりどんどん変わっていくものに対して、終生変わりなく付きまとうものが体質・気質である。

 自分が転生によって過去の記憶として受け継いでいるもの、または、今生の課題として与えられる問題を含むのが特質・マナーである。これらは、時として親とは関係無いものもある。 更に、社会生活を営んで行く上で、国家の傾向と共に身に付いてしまう、社会の考え方の影響、地域の考え方、会社や学校や組織や団体の考え方も、その人の一部になる。これが横の系譜、本人の特質・マナーである。

■ 特質・マナーの観察

 西洋占星術で観察するマナーは、モダンな占星術で行っている方法とは随分違っている。太陽を頼らず、ASCのロードと、水星を使う。

 一番目に、その人の特質・マナーを示す水星を探しに行く。アセンダントの中に惑星があれば、それも頼りになる。 何故なら、生まれたという意味と、東から星が昇る (生まれる) ということを同期させるのが占星術だからだ。太陽がMCにあっても、それは「生まれた」とは言わない。ネイタルからすれば、既に生まれていた惑星の一つとなる。水星と、アセンダントのロード、そして、アセンダントに入っている惑星を頼る。

 そのアセンダントには、ホール・サイン・ハウスで観察するので、インターセプトされたものは無い。そのディスポジターも観察する。リセプションの有る無しは重要である。

☆☆  複数の惑星がアセンダントに入っていることもある。どうするのでしょうか?

 全部、特質・マナーを示す惑星として、ミックスさせる。アセンダントのカスプが蠍で、そこに金星が入っていて、2ハウスとなった射手に火星が入っていてASCに近い。影響を与えるのか?

 1時間以内にASCに達するなら、多大な影響を与える。しかも、やがて影響する。

☆☆  常にアセンダントに惑星が入っているとは限りません。だったら、どうするのだろう?

 次に観察するのは、水星やASCのロードと強くコンジャンクションした惑星や、強くアスペクトしている惑星こそが特質・マナーを示すとされる。そして、そのディスポジターである。

 例えば、水星には木星が、ASCのロードには火星が強くアスペクトしていて、木星の方は魚に入っていて、火星の方は水瓶にあるとすると、木星のエッセンシャル・ディグニティーが強いので、木星の影響が強くその人には出ると観察する。そのディスポジターも木星であるから、とても強い木星の影響を受けることになる。リセプションだからだ。お気づきのように、同じ日に生まれた人でも、アセンダントに別の惑星のある人は、この木星の影響が無くなる。

☆☆  アセンダントにも惑星が無く、月や水星に強くアスペクトする惑星も無い。当然、そういうこともある。どうするのか?

 特質・マナーを表す惑星を更に探しに行く。次はアセンダントのロードとそのディスポジターを頼ることになる。ここまでで3段階になる。

 ここで、アセンダントのディスポジターが、アセンダントのロードとアスペクトしていなかったら、、、

☆☆  水星とASCのロードの置かれている場所のアルムーテンを出してみて、最もエッセンシャル・ディグニティーの高い惑星が、その人の特質・マナーを示す惑星となる。もちろん、そうやって選ばれた惑星のディスポジターも観察の対象になる。こういう面倒な手続きをとった。

 アルムーテンという言葉や、エッセンシャル・ディグニティーという言葉、ディスポジター、リセプションの意味が分からないと意味不明になる。アスペクトすると言っても、牡羊の29度にある惑星と、牡牛の1度にある惑星はコンジャンクションしない。その辺もホラリーを学んで押さえておかないといけない。

 何故そこまで水星とASCのロードを頼るのかというと、この二つは、精神の別々の面の表現者であるとされるからである。アセンダントのルーラーよりも先に水星を頼ることにしたのは、経験則なのであろう。

 特に水星は、水星自身がアセンダントに入っていたときなどに注意を要する。というのは、水星は他の惑星の力を表に出していく作用を持っているからである。強くコンジャンクションや強いアスペクトをしていれば、水星はその惑星の身代わりのように作用する。

☆☆  又、水星やASCのロードの置かれている位置のアルムーテンが、その人の特質・マナーを示すことになる。

 アセンダントに水星が単独で、どの惑星ともアスペクトせず、水星単独で解釈できるのは、アセンダントが乙女や双子で、そのアセンダントに水星がポツンと置かれているときだけだ。そんなことは、ほぼ無い。

●体質と気質を観察してから、特質・マナーを観察するのは、ベースを大事にしているからである。同じ土星の特質が強い人と言っても、粘液質の上に乗る土星と、胆汁質の上に乗る土星は違ってくるということだ。一度、このような方法で他の人を観察してみてください。気質が旨く計算できなくても、何となくの太陽星座占いよりも、よほどしっくり来るはずである。

●私たちがよく知っている人は、私たちと共にその地域に長い間住んでいて深い面識のある、特定の人だけであろう。その人の書く文章や、何気ない日常会話の中に特質が出てくる。だから、これらの観察は、やはり身近な人から始めていくことが実験の成果を見届けられることになる。

 それでも多くの人は、自分を知るという目的のために、自分探しの一環として西洋占星術師に意見を求める。体質と気質から、そこに含まれている命題を見極めることはできるが、手助けをすることはできない。自分を改革していくのは、やはり、自分でしか無い。また、特質を含むゆえに、自分自身を知る努力も、自分の特質である。魂の本質に迫る努力は、これも自分自身でしかできない。西洋占星術は、客観的事実を寄せ集めてくれるだけである。あなたの本当に知りたい自分というのは、直接魂に触れることでしか叶わない。

 これらの特質・マナーは、気質の上に把握され、どのようにチャートの判断に生かされるのであろうか。それは、別のお楽しみとなる。

 

ネイタルのアセンダント


占い ネイタル占星術 星占い ホラリー西洋占星術

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.